北陸電力グループの日本海建興株式会社は、総合建設業として豊富な実績と最新の技術力で信頼に応えます。

北陸電力グループ

採用情報Recruit

先輩社員からのメッセージ

津田 泰樹 富山の地図に載るような建物を自分の手で。日々変化し、形になっていく姿に感動。

記録に残る施工写真を一任

先輩とペアを組んでの測量作業などの一方、施工経過の写真撮影は一手に任されています。会社として共有するための記録資料にもなるので、撮影ポイントを慎重に選びつつ、アングルや構図にも気をつかいます。施工図面の作製は、今のところ足場を担当。少しずつでも着実に力をつけて、建物の主要部まで手がけられるようになりたいと思っています。

内装工事での「墨出し」は、壁を施工するための基準線になるもの。やりがいを感じる反面、位置がずれないように刻印する責任も重大です。建築に関する知識は全般的にまだまだ不足。職人さんに仕上がりの形を聞かれても即答できずに、施工図を確認しに戻ったり、先輩にアドバイスを求めたりはざらです。完成形がイメージできるようになるまでには、もっと経験を積まなくてはなりません。

必要なコミュニケーション力

何もなかった場所に構造物が出現する──その変化する姿は面白いものです。特に建設現場ではコンクリートの打設後、型枠を外した時に建物が形となって現れるのは感動の一瞬です。私が学生時代から今日まで現場がたまらなく好きなのは、まさしくそれが理由だといえます。

仕事を最後までやり抜くには、職人さんたちとの間に強固な信頼関係を築くことが欠かせません。時には冗談を言い合えるようなコミュニケーション力が必要です。そのコツを学ぶため、先輩方が職人と接する時はなるべく同行します。夢は大規模な建物を自分の力で手掛けること。富山が大好きなので、自分が携わった建物の名前が富山県の地図に載ったら、これほどうれしいことはありません。

人に負けない強みを持て

大学の卒業研究があまり評価されず、泣きそうになりながらも構造デザインをもっと勉強しなくてはと発奮した経験が。でも総じて大学で学ぶ知識は広く浅くになりがちで、必ずしも社会に出て通用するとは限りません。今更ながらもっと専門知識を探究しておけばよかった、何か1つでいい、人に負けない強みを手に入れておくべきだったと思う毎日。その分、今いる建設現場で実践的な知識を身につけようとの意欲が強まってきました。

小さな成果ですが、専門用語に対する理解が次第に進み、測量機械の設置も一人でこなせるようになりました。今後もいろんな建設現場を経験することになるでしょう。正直、不安もありますが、例えどこへ行っても先輩方のフォローをきちんと成し遂げられるだけの実力をつけたいと思っています。

林 拓佑 地域に長く残る物を作るのが建築の魅力。
地元の期待に応えるため妥協は許されない。

特有の建築用語に戸惑う毎日

建築材料の手配や現場の掃除など、雑務が多いのは新人として当たり前のこと。現場はいろんな職人さんが入れ代わり立ち代わりし、打ち合わせが大変です。なかには自分の祖父くらいの歳の人もいて、要領の悪さにお叱りを受けることも。予定したことはきちんと仕事してもらわないといけない反面、事情によって無理を言えないこともあり、その調整に苦労します。

よい物に仕上げたいという気持ちは人一倍ですが、実際、知識は職人さんの方が上。最初のころは職人さんが口にする特有の建築用語が理解できず、戸惑ったものでした。まだ同じレベルで話せる状況にはありませんが、多くのことを教わりながら基礎を勉強しています。現場がよく分かっていないから、かえって物おじせずに指示を出したりできることが幸いしているといえるのかも。

いずれは建設現場の責任者に

自分が携わっている建物が日々仕上がっていくのをいつも間近で見ていると、やりいを感じ、モチベーションも高まります。特に公共建築物の場合は地域の人々の関心や期待が大きいだけに、中途半端な仕事はできないという思いで気が引き締まります。その土地に長く残り続けるものだからこそ、責任は重大です。

現在は建築全般の知識や職人さんとの関わり方を会得するのに精いっぱい。でも、この仕事に就いた以上、ゆくゆくは建設現場を取り仕切りたいものです。あと10年以上は掛かるでしょうけれど。建物が完成するたびに次の現場へ移ることになりますが、むしろ新鮮で楽しみを感じます。県外の現場を担当することもあるかもしれませんが、苦にはならないと思います。

プライドに満ちた仕事ぶりに感動

左官職人の父の背中を見て育ったせいか、この道に進むことには何の違和感もありませんでした。長い年数を経ても存在を誇示できるのが、いわば建築の魅力でしょうか。大学時代に県外に出たことで富山の良さを再認識し、Uターン就職を決意。会社説明会では実際に建設現場を見学し、みなさんがプライドを持って仕事に励んでいる姿に正直カッコいいなと思いました。

当社は県内外で知名度が高く、北陸電力のグループ会社として信頼があります。まして建設現場では常に地域の人たちに注目されているので、いつも気を抜けない緊張感はあります。それでも工事の進み具合によって余裕が出た時などには、週末に連休がもらえることも。そんな時には家でくつろいだり、友人と飲みにいったりして英気を養っています。

西野 夏樹 建物が毎日、すこしずつできあがっていく
現場仕事の面白さを実感しています。

富山で建設の仕事がしたいと思い、Uターン就職

父が公共建築に関わる仕事をしています。だから小さい頃からよく、父と一緒に建設中の学校や病院を見に行っていました。父は設計士なので図面を描く仕事でしたが、私は建物ができあがっていく現場を見るのが好きだったので、設計職より施工の仕事に就きたいと思っていました。また「就職は生まれ育った富山で」と決めていたので、県内の建設会社に絞って就職活動をしました。

合同説明会に参加し、施工管理職で募集をしている会社を数社見つけました。その中で一番大きな仕事をしていると思ったのが当社。「高志の国文学館」や「グランドプラザ」を手掛けていると知り、「自分もそんな仕事に関わってみたい」と思い、当社への入社を決めました。

大きな建物が少しずつできあがっていく姿に感動

入社してすぐ、富山市千石町にある「森記念秋水美術館」の施工現場に配属されました。最初は工事現場の作業工程を記録する写真撮影を担当。塗装の写真や型枠の写真を順を追って撮影しながら、建設工程を覚えていきました。最近は現場工事が終わった後の安全確認や廃棄物のデータ管理などをしています。

この仕事の面白味はやはり建物ができあがっていく様子をつぶさに見れること。躯体のコンクリート打設が終わって型枠が外れた時、外の足場が外れて外観の全貌が見えた時は、嬉しくて胸が熱くなります。またたくさんの業者さんが出入りするので毎日いろんな刺激を受けますし、勉強にもなりますね。

地元富山の人々に親しまれ、愛される建物を造りたい

就職して1年。入社したばかりの頃は解らないことだらけで先輩や現場の職人さんに迷惑をかけることもありましたが、教えられ、励まされながら何とかここまでこれました。今の課題は、少し先の工程を見据え、先回りしながら仕事ができるようになること。状況を理解して管理できるようになりたいです。

この仕事に就いて以来、いろんな建築を見るようになりました。「どんな構造なのかな」「この塗装はどこの業者さんだろう」など、かなり具体的にチェックするようになりましたね。将来は、富山の街の賑わいに貢献できるような大規模建造物を施工管理する「建築のプロ」になりたいです!

渡辺 啓太 目標は「建設経理士」資格1級取得
社員から頼られる存在になりたい!

どん底の夏から1カ月、希望職の内定を獲得

公務員志望だったので4年の夏まで試験勉強をしていました。でも合格できなかったので8月末から民間企業の就職活動を始めることに…。かなりの「出遅れ感」を味わいながら、募集のある企業を必死に探しました。

1か月後、何とか2社から内定をもらいました。一つは当社の事務職。もう一つは金融機関の総合職。どちらも魅力を感じましたが、金融機関はどこに配属されるかわからない反面、当社は第一希望の経理職が決まっていました。また金融機関は複数名採用のうちの一人でしたが、当社は私一人。「自分は選んでもらった。自分は求められている」と喜びを感じ、当社を選びました。公務員が駄目だった時は辛かったけど、諦めないでよかったと思います。

作業手順を自分なりに工夫して効率アップ

主な仕事は、日々の入出金確認、振り込み伝票や領収証、手形の作成、取引先からの電話対応などです。入社当初は丸1日かかっていた書類作成が最近は2時間ほどで処理できるようになり、仕事全体の流れも見えるようになってきました。また先輩から「これ、いつ支払った?」、「この伝票、すぐに作れる?」と聞かれて迅速に対応できた時は嬉しいですね。

今の課題は他の部署との連携。もっとコミュニケーションを密にして他の部署の仕事の流れ、社員の動きを理解すると同時に、自分をことをもっと知ってもらい、「渡辺に頼めば大丈夫」という信頼を獲得していきたいです。

まずは採用担当者をじっくり観察すること

学生の皆さんはこれから就活を本格化させ、たくさんの企業を見学することでしょう。私の経験からアドバイスさせてもらうなら、採用担当者の人柄や雰囲気がその会社の社風をほぼ表しているということ。だから、採用担当者にいろんな質問をぶつけて対話することで、自分とその会社との相性をうかがい知ることができると思います。

当社は、採用担当者の雰囲気がソフトで良かったですね。何でも気兼ねなく質問できる安心感もあり、「ここならすっと馴染めそうだな」と思いました。特に私のような文系の方は、業種は絞らず、たくさんの企業を見てほしいと思います。意外なところで自分に合う会社が見つかるかもしれないですよ。